中古車の人気車種

車を売ったあとに、中古車の人気車種でも買ってみませんか?

 

今人気の「中古車」としての相場や特徴、人気の理由などを書きます。
是非参考にしてみてください。

 

トヨタ プリウス
ホンダ フィット
スズキ ワゴンR
BMW 3シリーズ
スズキ ジムニー
ホンダ オデッセイ
フォルクスワーゲン ゴルフ
ミニ ミニクーパー
トヨタ クラウンアスリート
トヨタ ハリアー
日産 セレナ
トヨタ ヴォクシー
日産 ノート
日産 エルグランド
スバル レガシィツーリングワゴン
トヨタ アルファード

日産 フェアレディZ
スバル フォレスター
ダイハツ タント
ホンダ  ステップワゴン

人気中古車記事一覧

日産ノートは日産自動車のハッチバック型の小型ミニバンです。日産のコンパクトカーの中でもノートは、高い燃費性能と低維持費が際立つモデルで小型車でありながら後部座席の広がりが高く評価されています。リッターあたり20km以上の燃費性能は、ハリブリッド車と比べても非常に高いものがあり、トヨタのアクアとよく比較されます。また4WD仕様が用意されているのもノートの特徴です。ちなみにノートとは音符という意味と雑...

日産のセレナは、日産自動車のミニバンでトヨタのノア/ヴォクシー、ホンダのステップワゴンのライバル車です。価格帯としては200万円台前半から300万円台中盤であり、同じ日産の高級ミニバン・エルグラントよりは割安なモデルです。5ナンバーサイズのミディアムミニバンとして高い人気を誇っています。エンジンはヴォクシーと同じく直4の2.0Lエンジンです。そして変速機は日産の誇るエクストロニックCVTが採用され...

エルグラントは日産自動車が製造・販売するLLクラスのミニバンです。エルグラントは同じ日産のミニバンであるセレナよりも上級のクルマであり、トヨタのアルファードのライバルモデルでもあります。直4エンジンの2.5LエンジンとV型6気筒エンジンの3.5LエンジンのラインナップにエクストロニックCVTが組み合わされています。1997年に初登場して以来、モデルチェンジを重ねて現在は3代目を数えています。アルフ...

日産のフェアレディZは日産自動車のクーペ型自動車です。1969年に初登場してから2002年からはフェアレディZ33、2008年にはフェアレディZ34と続きました。このクーペに特徴的なのファストバックと呼ばれるリアウィンドウが急激に寝かされたものです。視覚的インパクトが強く、スポーツタイプファストバッククーペとして強いパワートレインを持っています。フェアレディZ33および34に関しては3.5L以上の...

日産スカイラインは日産自動車の高級スポーツサルーンとして展開されています。源流は日産自動車がかつて合併したプリンス自動車の製造・販売していたモデルでしたが、現在もつづくヒットシリーズです。2014年には13代目となるモデルも発表され、日産の高級自動車部門であるインフィニティのクオリティも融合されています。全長は4790mmから4800mm、全幅は1820mm、200GTは直列4気筒エンジンの2.0...

日産リーフは日産自動車が開発したハッチバック型の電気自動車です。電気自動車であることからエンジンは持たずモーターによってのみ走行するエコカーです。モーターは永久磁石同期電動機と呼ばれるモーターとオートモーティブエナジーサプライが製造するラミネート式リチウムイオンバッテリーが搭載され、満充電からの走行可能距離が200km以上という燃費を実現しています。全長は4445mmですが、全幅は1770mmと余...

外車には日本の軽自動車やコンパクトカーとは一味違った小型車の存在があります。フォルクスワーゲンのビートル、フィアット、プジョーの206など小型ではあるけれどクルマ本来の走りを提供してくれるものがそろっています。ミニのクーパーもそのひとつです。ただクーパーは当時革命的小型車であったミニの中でもレーシングカーとしてのイメージが強い車種といえるかもしれません。クーパーの特徴はなんといっても天井のルーフの...

BMWの3シリーズは、Dセグメントの乗用車です。BMWの中で3シリーズはセダンカテゴリの中でもっともエントリ−向けの位置づけでヨーロッパにおける主力モデルです。また日本市場においてもBMWの中でももっとも輸入されているモデルであり、BMWのセダンを語る上で欠かすことのできないモデルでもあります。主にFR駆動であり、これまで製造・販売されたモデルでは1.6Lから3.2Lまでの直列気筒エンジン(4気筒...

メルセデスベンツAクラスはベンツのハッチバック型コンパクトカーの総称です。ただAセグメントなわけではなくBセグメントのサイズのクルマです。初登場は1997年であり、現在は3代目を数えています。2012年から発売されている3代目メルセデスベンツAクラスには1.6Lと2.0Lの直列4気筒エンジンが搭載されています。3代目とそれ以前のAクラスではエクステリアに若干の刷新がありました。そしてサスペンション...

フォルクスワーゲンゴルフは世界中でヒットしているハッチバック型の乗用車です。欧州市場ではCセグメントに分類されるサイズ的に標準的なクルマです。ちなみにゴルフというのはスポーツのゴルフではなくドイツ語でメキシコ湾流の意味です。ワーゲンゴルフの歴史は長く1974年に初代モデルが登場しています。2012年からは6代目となる現行モデルが展開されています。エンジン排気量は主に直4の1.2〜2.0Lエンジンが...

現在のボルボV40は、2012年から展開されており、日本では2013年から販売されている5ドアハッチバックタイプの自動車です。エンジンは直列4気筒と直列5気筒ののターボエンジン、もしくはディーゼルエンジンを搭載させています。排気量は1.6Lから2.5Lまでラインナップされています。主に駆動方式はFFを採用しています。サスペンションはフロントにマクファーソンストラット、リアにマルチリンクと上質な乗り...

ホンダのフィットはホンダのハッチバック式コンパクトカーで、市場の中心的な存在の車種といえます。主に1.2L、1.3L、1.5Lエンジンが搭載された小型の乗用車で、老若男女問わず受け入れられやすいモデルとして浸透しつづけてきました。売上の面でもトップクラスを走り続けており、ホンダの基幹モデルとして確固たる地位を占めています。燃費、適度な走行性能、旋回性能、取り回し、維持費とエコ志向の強い現代において...

ホンダのステップワゴンは、本田技研が製造・販売するミニバンです。価格帯は200万円台前半から300万円台中盤です。トヨタのノア/ヴォクシー、日産のセレナの対抗モデルとしてシェアを分かちあっています。ホンダ独自のアプローチとして「低重心」「低床化」の技術がステップワゴンにも取り入れられています。2005年のフルモデルチェンジでは室内高を維持しながら低床化し、重心を下げる設計に成功しています。サスペン...

オデッセイはホンダの製造・販売するミニバン型の乗用車です。現行では2.4Lエンジンを装備した中級自動車に位置しています。販売価格は200万円台後半から300万円を超える価格帯です。買取相場の上限はおそらく250万円程度です。現行のオデッセイは2013年にフルモデルチェンジされオデッセイらしい走行性能を維持しながら基本構造やタンクの形を変えるなどしてレイアウトを変え室内空間の向上を可能にしました。現...

ホンダのヴェゼルとはホンダが製造するSUVです。全長は4295mmの直列4気筒DOHCエンジンの1.5Lを搭載させたコンパクトサイズのクロスオーバーSUVです。フィットをベースにして2013年に誕生しました。ハイブリッド仕様も同時に発売されており、燃費性能もガソリン車でも20km前後と非常に優れています。SUVというジャンルの中で高い燃費性能は非常に価値があり、それに加えて1.5Lエンジンという動...

ホンダの新しい時代の軽自動車としてNシリーズが好評です。N-WGNもまたN-ONEとN-BOXの中間モデルとして総合的なパフォーマンスバランスを実現させています。ターボエンジンではN-ONEと同じく最大トルク104N・m/2600rpmという驚異的な数字を見せつけます。高い加速性能で軽自動車の枠を超えた快適でパワフルな走行がなによりの魅力です。またエコカーとしての存在感も際立っており、ECONモー...

今までの軽自動車の概念を打ち砕くホンダのNシリーズ。N-BOXよりも小さい企画の軽トールワゴンとして展開されているN-ONEもまた軽自動車らしからぬパワートレインが魅力の一台となっています。直列3気筒DOHC12バルブ、660tエンジンにCVTの組み合わせとなっていて、ターボなしの出力こそ43kw/7300rpm、最大トルク65Nm/4700rpmですが、ターボ付きのツアラーモデルになると最大トル...

トヨタのアルファードはトヨタが販売するミニバンのフラッグシップモデルです。ヴォクシーとの違いはヴォクシーが5ナンバー登録(全幅1730mmは3ナンバー登録)であるのに対してアルファードは全長は4800mm以上、全幅は1800mmを超えるLLクラスのミニバンとなっています。またエンジンも直4の2.4Lエンジンの上にV6の3.0Lエンジンモデルもラインナップされています。動力機構、サイズともにヴォクシ...

トヨタのプリウスはハイブリッド車の代名詞ともいえる人気モデルです。エンジンとガソリンのシナジー効果により圧倒的な燃費を実現するとともに先進的なパッケージングでトップクラスの人気を誇っています。新車価格は220万円前後から300万円前後の間です。「街中で見かけることも多くなったけれどプリウスって実際どうなの?」と思っている人も多いはずです。実際に売れている理由としては燃費と経済性、実用性の総合評価が...

トヨタハリアーはトヨタ自動車が販売するSUVです。特徴的なのは悪路走破性など実用性に重きが置かれていたSUVに高級サルーンとしての豪奢性を融合させた点です。新車価格は200万円台後半から300万円台です。買取相場でSUVは強いと言われています。ハリアーはクロスオーバーSUVの草分け的存在で市場での人気も今だ根強いものがあります。近年はハイブリッド仕様も登場するなど、環境や燃費性能の改善にも注力され...

トヨタのクラウンアスリートは今なお続くクラウンシリーズの一角です。ロイヤルサルーンとの違いは、フロントグリルの形状やタイヤのサイズ、リアスポイヤーの有無です。また搭載エンジンについてもアスリートはロイヤルサルーンよりも大きい出力のエンジンが装備されます。ロイヤルサルーンが3.0Lエンジンまでの展開に対して、アスリートは3.5Lエンジン搭載車をラインナップさせています。ロイヤルサルーンが街乗りを基調...

トヨタのヴォクシーはミディアムサイズのミニバンです。新車価格は概ね200万円台前半から300万円台後半です。ヴォクシーと基本コンポーネントを同じにするクルマとしてノアがあります。両者の違いは外観上のフロントマスクの違いと販売店の違いです。ヴォクシーはネッツ店でノアはカローラ店の取り扱いです。人気の秘訣はなによりも大型サイズのミニバンとしてはややスタンダードな位置づけで、エスティマやアルファードより...

ランドクルーザープラドはトヨタのSUVであるランドクルーザーの派生車種です。現行は150系といわれる2009年から発売されているモデルで全長は4760mm、全幅は1885mm、全高は1835mm〜とランドクルーザーよりもややダウンサイジングされたモデルです。エンジンはV型6気筒4.0Lと直列4気筒2.7Lの2タイプがあります。同じトヨタのハリアーが開拓したSUVとしての特性と高級サルーンとしてのラ...

トヨタのヴェルファイアはトヨタ自動車の誇るLLクラスミニバンです。トヨタの大型ミニバンの代表格アルファードと基本コンポーネントは同じです。アルファードとヴェルファイアの違いは販売店と外観上の小さな違いです。ヴェルファイアはネッツ店のフラッグシップモデルでありフロントマスクのマークがネッツマークです。トヨタミニバンの最高峰モデルであるため買取査定などでは高い評価を受けるはずです。価格帯は300万円か...

2013年の8月にカローラフィールダーハイブリッドは登場しました。日本における実用的乗用車として確固たるシェアを維持しつづけているカローラ。そして人気のステーションワゴンモデルであるカローラフィルダーの存在感はますます強くなってきています。「大人が4人、安心・安全、快適に長距離移動できるミニマムサイズのクルマ」というテーマを基にカローラの持っているパッケージング要素をさらにブラッシュアップし、美し...

ジムニーはスズキが製造・販売するオフロード4WDの軽自動車です。軽自動車でありながら多くのオーバークロスSUVに象徴されるモノコック構造ではなく、フレーム構造で作られており本格的なオフロード車としての存在価値を際立たせています。価格帯は130万円前後から170万円ほどです。国内にとどまらず海外でもジムニーの評価が高いのは悪路走破性が非常に高く、山道や砂利道などのアウトドア用途での実用性が高く通常の...

スズキのワゴンRは軽トールワゴンの歴史の中でもエポックメイキングな一台として、今もなお輝かしい活躍を見せています。内空間の小ささがネックだった軽自動車にトール型ワゴンという新しい道を切り開きました。ワゴンRがそれ以降の軽自動車に与えた影響は計り知れません。ワゴンRは今もなお定番モデルとして高い売上げを誇っています。90年代初頭に初登場してから現在では5代目モデルを数えます。従来の低燃費、低維持費、...

スズキのスイフトは2000年に初登場したハッチバック型のコンパクトカーです。スズキを代表するコンパクトカーとなり現在では3代目モデルを数えています。エンジンは直列4気筒1.2Lエンジンの吸気VVTです。VVTとは可変バルブ機構のことです。サスペンションはフロントにマクファーソンストラット、リアにトーションビームを備えています。先代からはホイールベースがすこし拡張され室内空間に余裕が出て居住性が増し...

CMで宣伝されることが多いスズキのスペーシアは2013年に登場した軽トール型ワゴンです。スズキグリーンテクノロジーをはじめアイドリングストップシステムやリチウムイオンバッテリーに電力を蓄えることによって電装系の動力源としガソリンの使用料を押さえるエネチャージの技術など先進技術がふんだんに取り込まれている新時代の軽自動車となっています。軽トールワゴンの弱点は車体の高さによる走行性能の犠牲です。空気抵...

スバルのフォレスターは富士重工がつくるクロスオーバーSUVです。クロスオーバーSUVとはフレームによって構成されるのではなくモノコック構造で構成させるSUVのことです。モノコック構造とは別の名で応力外皮構造と呼ばれ車体の外版に応力を受け持たせる構造のことです。これによって構造を簡素化し軽量化させる働きもあります。SUVにおいては軽量化することで燃費がよくなり、オンロードでの乗り心地が向上させる働き...

スバルのレガシーツーリングワゴンは、レガシーの中でもステーションワゴンタイプの自動車です。レガシーは水平対向4気筒エンジンを搭載させ、一貫して4輪駆動方式を採用するクルマです。富士重工の経営難を打開すべく開発された自動車であり、スバルの基幹的な自動車です。5代目モデルにはCVTであるリニアトロニックが新に追加され、フロントにストラット、リアにダブルウィッシュボーンのサスペンションを携えています。全...

スバルのXVは富士重工業が製造するクロスオーバーSUVです。比較的新しく2010年に初代モデルが誕生しました。2代目である現行モデルは水平対向4気筒エンジンの2.0Lを搭載させて、CVTと組み合わせて走行します。全長は4450mm、全幅は1780mmとなっており、サスペンションとしてフロントにストラット式、リアにダブルウィッシュボーンという組み合わせです。2代目は駆動方式をAWDに統一させています...

スバルXVのハイブリッドモデルとして2013年に登場したのが、スバルXVハイブリッドです。水平対向4気筒エンジンとモーターを組み合わせて走行するのがスバルXVハイブリッドですが、バッテリーとモーターをシンメトリカルAWDレイアウトに埋め込み、スバル独自の低重心走行に昇華させています。何よりスバルXVはスバルではじめてのハイブリッドモデルです。ハイブリッド車といえばどうしても低燃費ということに注目が...

スバルのインプレッサスポーツは、富士重工業が作るインプレッサシリーズの中で5ドアハッチバックのものの総称です。現代のトレンドであるハッチバックスタイルのインプレッサとして同じインプレッサのハッチバック型であるXVとともに市場では人気が高いです。XVと同じくエンジンは1.6Lから2.0Lの水平対向4気筒エンジンです。全長や全幅などサイズに若干の違いはありますが、基本的には同じセグメントのクルマです。...

ダイハツタントは2003年にはじめて発売されたダイハツ工業の軽トール型ワゴンです。特徴は2440mmを超えるロングホイールベースによる室内空間の広さです。また全高は1750mmを超える車内空間の広さで、居住性の高さは折り紙つきです。タントのような全高1700mmを超える軽トールワゴンはワゴンRよりも一回り大きな規格として認識されています。乗降性を含めて人がゆったり乗ることのできる快適性とともに大き...

アウトランダーは三菱自動車のクロスオーバーSUVです。エアトレックの後継車種として登場したのが2005年です。2012年からは2代目モデルに刷新されました。もともと高剛性の高いシャーシが使われていましたが、衝突安全ボディRISEという吸収性の高い衝突安全性をもったボディとなっています。エンジンは直列4気筒エンジンの2.0Lから2.4Lまでがラインナップされています。これに加えてサスペンションはフロ...

デリカD5は三菱自動車のSUVとミニバンの一体型モデルです。エンジンは直列4気筒の2.0Lから2.4Lエンジンがラインナップされています。ボディにはリブボーンフレームという骨格構造のシャーシが使われています。これによって高い衝突安全性能を確保しています。サスペンションはフロントにマクファーソンストラットとリアにトレーリングアーム式マルチリンクを採用しています。駆動方式はFFと4WDが用意されており...

マツダのアテンザセダンは、2002年から販売されているマツダの4ドアセダンです。直列4気筒DOHCの2.0Lから2.2L、2.5Lまでラインナップしています。駆動方式はFFです。サスペンションはフロントにマクファーソンストラット(2代目からはフロントはダブルウィッシュボーン)、リアにマルチリンクという贅沢な組み合わせのDセグメントの乗用車です。充実の内容と流麗のマツダ独特のラインとフォルムは美的な...

アテンザワゴンはマツダが2002年から現在まで製造・販売しているDセグメントの乗用車です。その名のとおりアテンザシリーズのステーションワゴンモデルです。30代から50代の男性などクルマ本来の醍醐味を知っている層に高い支持を得ています。この新型アテンザの鋭い流れのあるダイナミックな造形はどことなくジャガーのエクステリアを彷彿とさせます。「魂動」と呼ばれるマツダ独自の生命観あふれる力強く流麗なフォルム...