廃車は自分でしてはいけません!

車の廃車は、絶対自分でしてはいけません!
相当酷い事故車以外は、中古車買取業者に買い取りをお願いした方が価格が付く場合があります。

 

実際に、私も動かなくなった車を廃車しましたが、全て買取り業者へ依頼しました。
10年越えの16万キロ走行、フロントのボンネットの塗装ははがれ、ドアの開閉も異常に硬い、車検は残り1か月という車です。

廃車 買取り

 

でも、買い取り査定の最高額が2万円でしたので、即売却しました。
そう!お金になったのです。自分で廃車する手間もお金もかからずにです。

 

まず車を廃車にするときにかかる費用を見る必要があります。廃車には自動車の登録抹消費用や解体費用などがかかります。

 

登録抹消は陸運支局に赴いて自分で行う場合は無料になりますが、行政書士などに頼むと別途で費用がかかります。こうして抹消した場合に自走できる車は仮ナンバーをつけて解体業者に持ち込みます。ここまでを自分で貫徹できるならば費用は限りなく低く抑えられますが、手間と暇は確実にかかります。

 

業者に引き取りを依頼する場合は引き取り費用はかかってくるので2万円から3万円前後の廃車費用はかかるのではないかと思われます。

 

やはりこの手間と暇を考えれば、例え数万円でも買取り査定に出して査定額を獲得したほうがいいでしょう。お金がもらえる上に廃車にする手続きはいりません。

 

たとえば家電に例えると現在ではブラウン管テレビを業者が買い取ることは難しく、これを処分したい場合はリサイクル券を購入して処分しなければならないのです。これがあるからブラウン管テレビを捨てられないという人も多いはず。

 

自動車に関しては年式が古くてもそういった法律上のしばりはないので一括査定サービスをすればどこかが買い取ってくれる可能性があります。

 

私が紹介している、ここなら見積もりと成約でポイントが付いてきます。

 

廃車は自分で絶対するな!記事一覧

廃車と一言にいっても、実は一般的に考えられているものよりも、、もう少し複雑にできています。それでは車を廃車するのに際して、抑えておきたい基本的な知識について考えて見ましょう。【廃車とは】廃車とは、道路運送車両法による「抹消登録」のことをさしています。陸運局へナンバープレートを返納し、検査登録から一時的、もしくは永久的に抹消します。つまり廃車の方法には2種類あるのです。一時抹消登録と永久抹消登録と呼...

車を廃車するときに、業者に頼むこともできますがやはり発生するのが費用です。捨てる車に対してお金なんてかけたくないというのが、多くの人の考えだと思います。自分で廃車の手続きはできないの?と思うことでしょう。答えは廃車の手続きは、自分でもできます。そこまで複雑なことではないために時間がある人や、節約したい人は挑戦してみるのもいいかもしれません。そこで、ここでは自分で車を廃車する方法について考えてみたい...

基本的に廃車の手続きは自分で行うことになります。もちろん業者に頼む人もいますが、自分での手続きもそこまで難しいものではないために、廃車手続きの流れについて一度確認しておくのが、いいかもしれません。まずは解体作業などの陸運局(軽自動車は軽自動車検査協会)では行えない作業を先に進めていきます。1:書類集め陸運局で廃車を行うのに必要な書類集めます。以下の書類が陸運局にあります。? 抹消登録申請書(OCR...

廃車の手続きをしようと思うならば、準備が必要です。廃車のための準備といえばやはり書類集めということになります。どんな書類が必要になってくるのでしょうか?一時抹消登録と永久抹消登録では、必要な書類が違ってきます。まずはどちらの抹消登録にするのかを決めてから、必要書類集めに取り掛かりましょう。それでは必要書類について調べてみましょう。<永久抹消>1.所有者の印鑑証明書・・・発行日から3ヵ月以内のもの。...

廃車の種類には2つあるということを知らない人も多くいます。廃車にすることを考えるならば、それぞれの特徴をよく知って、自分の場合にはどの廃車のタイプがいいかをじっくりと考えるようにしましょう。<一時抹消>一時抹消登録とは、海外出張・引越し・長期海外旅行・入院・長期間車を在庫として保管するなどの理由で、“一時的に”自動車を使わないときに行う手続きです。永久抹消登録との最大の相違点は、再び登録を行うこと...

自動車の永久抹消登録には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?ここでは2つの方法について考えます。1、業者に頼む方法業者に廃車処理を依頼する場合には、普通車の場合全部で1万円〜1.5万円ほどが目安です。もちろん車の状態・年式、自走の可否、書類代行の有無などによって多少差額が生じます。内訳としては、解体費5千円から1万円、書類代100円、手数料5千円から1万円ほどです。もしも自力での走行が不可能の...

長い間車を使わないときに行う手続きが、一時抹消登録です。この登録手続きを踏むことによって、自動車税を支払う義務がなくなります、手元に車を残しておきつつ、自動車税の軽減を望めるのです。ふたたび登録することもできます。そんな一時抹消登録に必要な費用とはどのくらいでしょうか?1、一時抹消登録のみの場合・ 手数料(印紙代):¥350-・ 申請書代(OCRシート):約¥100-(登録内容によってOCRシート...

解体届出とは、一時抹消登録をしてある車を永久に抹消させるために、その自動車を解体した場合に行う手続きのことです。手続きは、運輸支局で行えます。解体届出については、リサイクル業者から解体終了の報告を受けてから15日以内に手続きを行う必要があります。解体届出にかかる必要この解体届け自体にかかる費用は、書類代の100円のみで完了します。しかし、解体費用がありますので、1万円から2万円ほどプラスに見ておく...

検査・登録手数料という言葉を聞いたことがありますか?車を持っている人ならば一度は支払ったことのある料金です。しかし、あまり知られてはいないためにこの料金を支払ったことがあるという自覚のある車所有者はあまりいないことでしょう。そこで自動車所有者として知っておきたい検査・登録手数料について、ここで考えてみたいと思います。検査・登録手数料とは?車検や各種手続きを行う際に、支払わなければならない手数料のこ...

一時抹消登録申請書とは、一時抹消登録を行う際に必要になる書類のひとつです。つまり自動車の使用を一時中止する廃車手続きのときに、いるものです。廃車の手続きを考えている人は、よく精通しておきたい書類です。一時抹消登録申請書とは?一時抹消をする際に、登録識別情報等通知書(廃車の証明書)をコンピュータで発行するのに必要となるOCR用紙です。手続きの最終段階として、一時抹消登録申請書を運輸支局のコンピュータ...

永久抹消登録申請書(及び解体届出書)とは、所有している車をこれから再び使うことはなく、解体した車を廃車手続きさせる際に必要な書類のことです。この申請書に記入して手続きが完了すると、車の使用を永久的に中止することになります。そんな永久抹消登録申請書(及び解体届出書)に関して、詳しく調べてみましょう。永久抹消登録申請書(及び解体届出書)とは?永久抹消登録の手続きの際に、コンピュータに記載内容を読み込ま...

自動車リサイクル法は2005年1月から施行された法律です。廃車にする車から出る部品を回収してリサイクルもしくは適正に処分することを義務付けたものです。自動車リサイクル法導入の理由不法投機された車が後を絶たなかった時代がありました。廃棄された車が適正に処理することなく、カーエアコンの冷媒に利用されているフロン類は、オゾン層の破壊や地球温暖化の原因になるとされてきました。エアバッグ類は安全に処理するた...

廃車手続きをする人が絶対に知っておきたいこととして、自動車税と自動車重量税には還付金があるということです。それではそれぞれについて考えて見ましょう。<自動車重量税の還付>廃車手続きをするときには、自動車重量税の還付もあります。自動車重量税は、車検時に課せられる税金で、2年分をまとめて車検時に支払っています。そのため使わない期間に対しての自動車重量税は還付されるのです。車検が1ヶ月以上残っているなら...

永久抹消とは、廃車手続きのひとつで、既に自動車を解体したときに行われるものです。さらに災害等により自動車が使用できなくなった場合にも、この手続きが行われます。手続きは、現住所を管轄する運輸支局で行います。解体作業終了後、15日以内に手続きを行うのが基本です。永久抹消当日に行うこと運輸支局で用紙の購入・作成を行います。運輸局内になる用紙販売窓口で、手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税・自動車取...

一時抹消とは、一時的に何らかの理由で車を使用しなくなったが、解体せずに取っておくときに行う手続きです。車の使用を一時的に中止するのに、税金を払うのはもったいないなどの理由で行われる処置です。再登録ができいつでも公道を走れるようになります。一時抹消登録の必要書類一時抹消登録を行うには、以下のような書類が必要です。忘れることなくしっかりと書類を集め、記入しましょう。1.所有者の印鑑証明書2.所有者の委...

車を一時抹消登録した後に解体した場合に提出する書類を、解体届出といいます。これはすんでいる管轄の運輸局で行われます。ここでは解体届出を行う方法と運輸支局での手続きの流れや注意点などを載せています。地域によって若干違いがありますが、大まかな流れは一緒ですので、解体届出を出す場合の参考になさってください。解体届出当日の流れ運輸支局で用紙の購入・作成を行います。用紙は用紙販売窓口で購入できます。運輸局で...

売買や譲渡などによって自動車の名義が変わる場合があります。そのような場合には、新たに自動車を使用する住所を名義変更手続きを行う必要があります。正式名称は移転登録といいます。名義変更手続きに関する情報をまとめています。名義変更を行うまえに確認しておきましょう。名義変更にかかる費用移転登録手数料:500円申請書の用紙代:100円程度ナンバープレート代(変更がある場合):1,500円程度自動車取得税:年...

自動車の住所変更とは、引越等で自動車の所有者や使用者の住所が変更になるときに行う手続きのことです。正式名称は、変更登録といいます。この手続きは引っ越した先の新たな住所の運輸支局で行われます。住所変更が必要な人は、手続きを行う前にしっかりとどんな手続きになるかを確認しましょう。住所変更にかかる費用変更登録手数料:350円申請書の用紙代:100円程度ナンバープレート代(変更がある場合):1,500円程...