自動車保険の比較

自動車保険には、強制的に加入される自賠責保険と任意で加入する任意保険という2種類があります。

 

これらは、ともに車を所有し、運転していく上では、必要不可欠な保険となっています。
中には、自賠責保険は加入しているけど任意保険は加入していないという人も稀にいますが、このような任意保険に入っていない人は車を運転する資格はない、もっと言えば乗らないでほしいというのが本音です。

 

なぜなら、自賠責保険は、たとえ事故を起こさなくても未加入で車を運転した場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。また、自賠責保険の証明書を持っていなかっただけでも30万円以下の罰金となっています。ちなみに交通違反となりますので、6点の減点にと即、免許停止になってしまうのです。要するに自賠責保険に加入していない車を運転した場合には、犯罪という意味なのです。

 

人身事故の場合、自賠責保険の超過分を任意保険で補います。数千万円が、自己負担となるのです。
相当なお金持ち以外は、即支払うことはできないでしょう。

 

自賠責保険の限度額というのも決まっていますので、超過分を考えて任意保険にも絶対に加入していてほしいものです。
任意保険に加入していない人には、絶対に交通事故を起こしてもらいたくはありませんし、乗ってほしくもありません。

 

保障がない人ほど怖いものはないと感じています。

 

ただ、車の保険は金額的に高いですよね。
任意保険は、各社で保障内容と金額も変わってきますのでしっかり比較してみてください。

 

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

自動車保険記事一覧

みんなはどんな自動車保険に入っているのだろう?と不思議に思ったことが一度は誰にでもあるのではないでしょうか?そこでネットなどで人気の保険、または評判のいい保険をランキング形式でまとめてみました。参考にしてみてください。 ソニー損保 ダイレクト自動車保険で人気の会社です。CMなどでもおなじみの 保険料は走る分だけ!というコンセプトに支持が多く集まっています。確かに、あまり走らない人が多くの保険料を支...

車検のときに支払う保険である自賠責保険のほかに、ほとんどの人は任意保険に加入していることでしょう。そんな任意保険には、エコカー割引というものがあります。エコカーを購入した人や、新車を購入した人は注目の制度です。★ どうしてエコカー割引?保険会社は事故にあうリスクを念頭に入れて保険料を換算するものです。しかしエコカーだから事故に遭う可能性が低いというわけではありません。それでも保険会社がエコカー割引...

実はドライバーは保険会社により、区分されているということを知っていましたか?このようにドライバーを区分する保険をリスク細分型自動車保険と呼びます。一体、どんな保険なのでしょうか?■ 区別項目どんなことに基づいてドライバーが区別されているのでしょうか?それは過去の事故データ、所有する車の種類、年齢などによってリスクを判断するのです。保険の本質を考えるとこの区別化が自由化されたのは、納得のいくことです...

価格.comというサイトを知っていますか?ネットでお買い物をするときに、どこのサイトが一番安いか?などを一括で検索してくれるサイトです。そんな価格.comには自動車保険のバージョンもあります。どんな特徴があるのでしょうか?■ 価格.comの自動車保険の特徴数多くある保険会社から、最大12社の無料見積もりが行えます。自分が望む保険の内容を入力するならば、価格.comが条件にあった保険会社を表示してく...

全労済という組織名については、聞いたことがあるという人は多いのではありませんか?全労災は共済事業を行う協同組合です。そのために利益を追求している一般の保険会社とは違います。そのために全労災の自動車保険に当たるものの名称は“マイカー共済”と呼びます。・ マイカー共済の特徴対人賠償・対物賠償・人身傷害補償・ロードサービスが基本補償です。基本的なサービスはほかの保険会社と違いはそこまで多くはなく、一般的...

損保ジャパンはCMなどでおなじみの会社です。2002年に安田火災海上と日産火災海上が合併して出来た会社です。保険業界第2位の大きな会社です。そんな損保ジャパンが展開している自動車保険は、ONE?Stepと呼ばれています。・ 信頼できる会社S&P社の格付でAA?です。AAAの会社はないことを考えると、国内の自動車保険会社の中で最高の格付けといえます。そのため補償については安心感が抱けます。損保ジャパ...

2004年に東京海上火災保険と日動火災海上保険の合併によってできた保険会社が、東京海上日動です。東京海上日動は、損益額の点でトップの保険会社ですので、実質上の最大手の保険会社といえます。そんな会社の保険料は高くなりそうというイメージがあるかもしれません。実際はどうなのでしょうか?詳しく迫って見ましょう。・保険金額大手、代理店系ということを考えると、そこそこの価格といえます。基本の保障内容で契約をす...

最近テレビのCMなどで、ダイレクト型の保険という言葉を耳にすると思います。このダイレクト型とは、保険会社と直接契約するタイプのものです。一方で従来のものは代理店型と呼ばれます。ダイレクト保険は大幅に保険料が安くなることがあります。そのため注目されている保険のタイプでもあります。そんなダイレクト保険の特徴を取り上げます。・ダイレクト型に向いている人少しでも保険料を安くしたい、またシンプルな保険内容で...

JA共済連は、日本最大の保険機構です。そのJAが展開しているサービスの中にJA自動車共済があります。JAは非営利団体として活動していますので、今注目の共済団体といえます。その特徴について迫ってみます。・安いJA共済の最大のメリットといえば安いことです。非営利であるために。利用者に“利益”を還元してくれるために、安い掛け金になっています。しかしただ安いだけではもしものときの保障にならないのでは?と思...

車に関する保険の中で、任意ではなく強制保険として国で作られたものが、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)です。全ての車両において加入する事が義務付けられており、未加入で運転する事は処罰の対象となっています。自賠責は、事故による被害者の対人賠償が対象となっていますが、それ以外の対物・自損などの事故は対象外です。つまり、相手の車と接触事故を起こしてしまった場合でも、車両に対する補償は適用されません。自...

任意保険は、自賠責保険とは違って法律的な強制力はありませんが、加入する事が常識となっている保険です。自賠責のみでは補い切れない、様々な部分で補償してくれます。具体的には、事故で相手の車や物に損害を与えてしまった際に適用される、対物賠償保険。自身の車に損害が出た場合の自損事故保険。そして、互いの搭乗者に損害を与えてしまった際の保険に大きく分けられます。自身のためにも、他人のためにも加入する事が望まし...

車両保険は、任意保険の1つであり、自身の車に損害があった場合に補償が適用されます。ただし、適用される場合とそうでない場合、あるいは適用範囲がそれぞれの保険サービスで異なってくるので、詳しく調べておく必要があります。基本的はに、自分の車が事故で損壊した場合だけでなく、火災や台風、それから盗難による被害も対象となります。ただし、地震・津波などの稀な自然現象による損壊の場合は対象外となっています。そのた...

自動車保険は毎年更新がくるものですが、そのたびにこのまま同じ会社を使うのか、それとも保険の見直しをするのか?ということで悩む方も多いと思います。そんなときにぜひ利用したいのが、一括サイトです。一度に多くの保険会社を比較検討できます。・一括サイトを使うメリット自動車保険について、どの会社が一番自分にとっていいかを考えるときに大事なことは、数社を比較検討することです。1社だけを見てすぐに決めてしまうの...

自動車保険の自由化が導入されてからは、保険会社ごとに独自の特約が出現するようになりました。そんな特約には大きく分けて3つあります。1.自動付帯される特約・・・セットとして自動的についてくるものです、スタンダードな保障内容です。2.保険料が安くなる特約・・・一定の条件を満たすと、保険料を安くするというものです。3.補償が手厚くなる特約・・・追加で付け加えることで、自分が希望する保障内容を受ける特約で...

自動車保険と等級とはきっても切り離せない関係にあります。そんな等級ですが、保険会社を変えると、どうなるのだろう?と思う人もいると思います。そこでここでは等級にかかわる疑問についてお答えしたいと思います。・ 等級とは何?等級とは、運転経験や事故経験に基づいてつけられるレベルのようなものです。等級が上がれば上がるほど、保険料は安くなります。逆に等級が下がれば、当然保険料は高くなります。・ 等級は保険会...

自動車保険の更新のときが近づいていたり、新規で保険に加入するというまずは何をしますが?それぞれの会社の見積もりをするのではないでしょうか?自分の気になる会社に見積もりを依頼して、どれくらいの価格が出るかを知ろうとするでしょう。そんな自動車保険の見積もりですが、どんな点に気をつければいいのでしょうか?・ 同じ条件はないことを念頭に入れる同じ条件で比べることが一番簡単なために、同じ条件で各保険会社を比...

車を売る、廃車にする、リース車を返還する、転勤や留学で海外渡航するなどさまざまな理由により、一時期車を使用しないということがあるかもしれません。そんなときに忘れずにしておきたいのが、中断証明書の発行手続きです。なぜならば次に自動車保険をかけるときに、保険料が高くなる可能性があるからです。・ 中断証明書とは?一定の条件を満たすならば、自動車保険に再び契約する時に中断前の等級を引き継げるというものです...

自動車に乗っている身として他人事ではない由々しき事態があります。それは無保険車両に事故を起こされることです。相手の過失が100%で自分に非がない場合は、相手に補償してもらうべきなので、自分の保険が使えないという事態が少なくありません。新車購入数年たらずで大切な愛車が廃車になってしまうということも十分にありえます。任意保険はもしもクルマで事故を起こして他人を傷つけたり、命を奪ってしまったときのための...

最近、高校生が歩いていた老人を自転車で引いて死亡させたというニュースがありました。驚いたのは、賠償金ですが、保険に入っていれば自動車同様に保険金が下りますが、加入していないと数百万から数千万円を自分で工面するしかありません。事故を起こしたのが未成年の場合、親が子に代わって支払っていくことになります。だからこそ、自転車保険は加入するべきなのです。自動車とぶつかった場合、同じ車両ですので、相手の自動車...